<img src="https://secure.leadforensics.com/156852.png" alt="" style="display:none;">

SpotBot Cellular is Certified in Japan

     

Giteki Blog

SpotSee has earned the Giteki mark for its impact-monitoring device SpotBot™, allowing it to be sold in Japan.

As a global company, it is important that SpotSee can serve customers around the globe. All wireless devices sold in Japan must be tested to obtain regulatory approval and be certified as conforming to the Japanese Technical Standards of Radio Waves. Any devices that emit radio waves must have a visual Giteki mark on the product in order to be sold. The certification ensures a device is safe and its wireless signals do not interfere with other signals, such as those used by the nation’s wireless networks.
Giteki Cerification

 

"Earning the Giteki mark is a big step for SpotBot and SpotSee,” said Angela Kerr, vice president, product portfolio, SpotSee. “Because of this certification, we will be able to increase supply-chain efficiency, reduce costs and provide unparalleled transparency to the shipping process for Japanese companies.”

SpotBot is a stand-alone device that delivers global, real-time, tri-axial impact monitoring and tracking through cellular connectivity. The device tracks impact, temperature and location around the world and has an operating battery life of up to 75 days when reporting once an hour. It is mainly used when shipping items that are susceptible to damage during transport and provides comprehensive supply-chain transparency.

低コストの接続性とデータを利用した衝撃・振動監視装置の世界的リーダーであるスポットシー(SpotSee)は、当社の衝撃監視装置「SpotBot™」が技適マークを取得し、日本での販売が可能になったと発表しました。

SpotBot Cellular

グローバル企業であるスポットシーは、世界中のお客さまにサービスを提供することを重視しています。日本で販売されるすべての無線機は、規制当局の承認を得るために試験され、日本の特定無線設備の技術基準に適合しているという認定を受ける必要があります。無線を発するあらゆる機器は、製品の見えるところに技適マークを付けて販売しなければいけません。この認定は、機器の安全性と、無線信号が日本国内の無線ネットワークで利用されている信号など、その他の信号と干渉しないことを保証します。

スポットシーの製品ポートフォリオ担当バイスプレジデントのアンジェラ・カーは、次のように述べています。「技適マークの取得はスポットシーとSpotBotにとって、大きな前進となります。この認定のおかげで、日本企業のサプライチェーンの効率を高め、コストを削減し、比類のない透明性を輸送プロセスにもたらすことができます。」

独立型装置のSpotBotはセルラーネットワークを通じて、3方向の軸の衝撃をリアルタイムに全世界で監視、追跡します。この装置は世界中のどこでも、衝撃、温度、位置を追跡し、報告頻度が1時間に1回の場合、バッテリー駆動時間は最長75日間です。主に、移送中に破損しやすいものを輸送する場合に使用され、サプライチェーンの包括的な透明性を実現します。

Request a free trial of SpotBot Cellular